これからの未来を考えて、マンション投資で収入アップ

Finance

不動産投資の動向

時代とともに変化する不動産投資信託とは

Jリートとは、日本国内で上場している不動産投資信託の愛称である。その歴史は2001年にオフィス系の銘柄が登場したときが出発点であり、現在では40以上の銘柄が上場しており、将来的には更に増加するであろう。また時代とともに様々なコンセプトの銘柄が登場しており、利回りだけではなくて銘柄の安全性を重視するのが一般的な傾向である。特に最近では利回りが4パーセント前後であり、家賃収入の安定した住居系の不動産投資信託が大人気である。またオフィス系や住居系以外にも、物流系やヘルスケア系やリゾート系の銘柄が登場したのがこれまでの歴史である。そして個人投資家も購入しやすいように、投資証券の分割が行われた銘柄が登場したのが最近の動向である。

将来的に予測される動向とは

不動産投資信託を運営する投資法人は、今後も収益性のアップのために地道な努力を行うであろう。そのためには所有する物件の価値を高める必要があるので、積極的にリニューアル工事が行われるであろう。また高い利回りを実現するためには、必要に応じて物件の入れ替えも必要である。そのために不動産投資信託の投資法人の多くが、新しいビルやマンションを購入するであろう。また国内の不動産が高くなる中で、将来的には割安な海外の不動産への投資も行われるであろう。その場合には制度改正が必要であるが、新しい法的な枠組みができたときには、新興国も含めて幅広く投資が行われるであろう。そのために個人投資家の投資の選択肢も、更に大きく広がるであろう。

↑ PAGE TOP